05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崖登りで感じたこと

先日の山菜採りでは沢づたいを歩き結構大変だった。

熊笹を掻き分けながら歩くこととか、小川をまたぐ、ぬかるみにはまらないようにする、雪が崩れて川に落ちないようにするなどハラハラドキドキの山歩きだった。

なんといっても傾斜のキツイところの崖に生えたアイヌネギを採るのは至難の業だ

沢の横の崖はジメジメして足場が不安定でズルズルと滑り落ちそうになる

そんな時頼りになるのは熊笹のつるだ

木の枝は根が無かったり折れやすいので危険だ。

笹に摑まる時は脇を締め足は足場の良さそうなところを探して踏ん張りなるべく一気に上がる。

足、お腹、腕同時に力が入る。

足も大事だけどツルをしっかり握ると自然に体全体に力が入る。

野球の打者に脇を締めてというアドバイスをするのを良く聞くけどそれは多分体幹がしっかり使えるからだと
思う。

体はなるべく崖から離れず股関節も開いている。

これは、、、クライミングまでは行かないけどプチクライミングくらいにはなると思う。

その上山菜を採る時は足で体が落ちないようにキープしなくてはいけない。

腿を内側に締める力も働いていたように思う。

なんだか普段のヨガの効果を試されているような気がした。

日常の中では消えうせてしまったこんな行動大昔は普通だったんだろうな。

しかも何か目的があったとして車も無いから徒歩で移動だ。

収穫の後ふと考えた。

何歳まで通えるだろうか?

2年前よりはやはりキツイと感じた

雑木林や笹の中を歩くには足をちゃんと引き上げて歩かないといけないし小川もジャンプして渡らないといけない。

崖は脚力、腹筋、握力が衰えてきたら無理っぽい

毎年の山菜採りをすることで自分の体力をチェックできるのかも知れない

今回のように体を使ってみるとシャドウスタイルのヨガはやはりいろんな場面で生きるな~と実感した


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


free_027_14.gif











 






スポンサーサイト

theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

Secret

HP開設しました♪

プロフィール

naya-sya

Author:naya-sya
ヨガ歴は22年。
シャドウヨガを8年程学んできた。
2010年10月よりフリーとなり活動している。
札幌市内でヨガサークルを担当し活動している。

このブログではヨガや日常の中で気付いたことを書いていきます。

こちらのプロフィールも参考に!

お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブックマーク

ヨガマット

アロマ

ヨガ勧めbook

初期仏教

pocorico

   

安心グッズ

熱帯魚

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

clock

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

仏像の本

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。