07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ体は動かしてきたけれど

昨日、体験にいらした方は体を動かすのが好きな方で週4回ほどゴルフの打ちっぱなしに行くとのことだった。

腿やふくらはぎは筋肉質で脛の外にも筋肉が付いていた。

でも背中が硬く膝の調子が悪いとのことだった。

外反母趾もあり自分では偏平足と思っているようだった。

偏平足に関しては少しカーブがあるようだったのでそれ程酷いとは思わなかった。

結局土台になる足に問題があり更に硬い筋肉が体の動きを制限しているようだ。

その体でゴルフのような偏った体の使い方をするとどうなるか?

膝や腰、背中に良いはずが無い。

ヨガの体験に来てくれたことはとても良かったと思う。

ゴルフを続けたいならヨガを平行してやらないと膝や腰への負担は増えるばかりだろう。

この方の救いは自分の問題点にある程度気付いていることだ

私はその方の一番の問題は外反母趾と思った。

親指が内側に変形すると親指の付け根、拇指球を上手く働かせられない。

拇指球に力が入らないと足を上手く使えないから膝や股関節にも影響する。

外反母趾は足指が閉じるというよりは足指の付け根が広がってしまうのが原因だ。

足指でタオルを手繰り寄せるような動作をするなどするといいようだ。

もう1点は脛の外に付いたこんもりとした筋肉だ。

そういう足は私の経験ではあまり見たことが無かった。

サッカー選手ならありかな?

脛に付いた硬い筋肉というのは結局膝裏を伸ばすのを邪魔する。

膝をすっと伸ばしてこそ働く筋肉もあるから足全体のバランスが悪くなると思う。

そう言えば足首が弱いということも仰っていた。

くるぶし周辺を働かせようと思っても脛の筋肉が縮んでいると邪魔をするのだ。

別の生徒さんでヨガを始めてからゴルフの飛距離が伸びたということを報告してくれた方がいる

お腹を引くという動作が伴い、背中をしなやかに使えるからと思う。

そしてなんと言っても足の安定が必須だ。

シャドウスタイルのヨガはそういった事全てが盛り込まれている。

拇指球、土踏まず、くるぶし、脛、膝、股関節、お腹、腰、脇、背中。。。全てしなやかに強くしていくのだ

体験にいらした生徒さんの体が少しづつ変わりゴルフにも良い結果が出るといいなぁ


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村




Line21







スポンサーサイト

theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

Secret

HP開設しました♪

プロフィール

naya-sya

Author:naya-sya
ヨガ歴は22年。
シャドウヨガを8年程学んできた。
2010年10月よりフリーとなり活動している。
札幌市内でヨガサークルを担当し活動している。

このブログではヨガや日常の中で気付いたことを書いていきます。

こちらのプロフィールも参考に!

お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブックマーク

ヨガマット

アロマ

ヨガ勧めbook

初期仏教

pocorico

   

安心グッズ

熱帯魚

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

clock

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

仏像の本

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。