04
3
4
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械的に動かない

普段スクワット的なことをやるにしても呼吸とか意識の置きかたには注意してもらうようにしている。

これって単なるエクササイズと変わらないと思うような動きでもそのあたりに注意を向けるとヨガ的なものになる。

足の踏んでいる感覚を大事にして膝をゆっくり曲げたり伸ばしたりするのとばね仕掛けのおもちゃのように曲げ伸ばしするのは全く違う。

外側の動きはそれなりにやろうと思えば誰にでも出来る。
 
でも呼吸や意識に集中してるかしてないかは外見からも分かることが多い。

ゆっくり呼吸して意識が集中しているとバランスがいいし足がぴたっと床に付いている。

足裏を軟らかく保ち何処まで曲げればいいか何処に刺激が来ているかをシンプルに感じるだけでいいのだけれど。

お腹を働かせて呼吸することやお尻が後ろに出ないようにするといったことを忠実にやろうとすると毎回やっていてもきつい

そこから楽なポジションを探すことも出来る。

無意識に体が楽なところに身を置いてしまっている場合もある。

正しくやるときついけれど効果はちゃんと出る。

楽なところでやったとしてそれは時間の無駄になってしまう。。。

だったら肝を据えて正しい位置でやるしか無いよね

最近ヨガの歴史のことでいろいろ取り沙汰されている。

何が本来のヨガなのか?を考えてしまったりもした。

でも何をやるにしても呼吸に集中する、お腹を意識する、背骨に働きかける、筋肉の力だけに頼らない等は守りたいと思う。

機械的に動くのがヨガではないということだけは確かだから



にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


free_027_14.gif











 
スポンサーサイト

theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

股関節から折るのはポーズが出来ているように見えるけど。。。

普段ヨガをやっていて特に意識するのは顎、お腹、脇。

そこは呼吸とも深い関わりがある。

顎を引くとちゃんとお腹が働くし体を横に倒す時には折り曲げる側の脇を意識することが大事だ。

前屈の時股関節部分から曲げるだけではお腹にはほとんど何も起こらず背骨への働きかけも少ない。

腰は真っ直ぐに見えるけれどただ真っ直ぐなだけ。

いざ腰を丸くしようとしても動かないのだ。

寝た姿勢から起き上がれないのは腰が自由に動かずお腹も使えないからだ。

そういう人には腰痛も多い

外見は体が倒せているのでポーズそのものは出来ているように見える。

でもナーバアサナ系をやるとぼろぼろだ

座っても立ってもお尻が後ろに出て腰が反り易い。

股関節から折り曲げるやり方しか知らなければ最初は戸惑うと思う。

でも正しく体を使えばいろいろ改善点に気付くだろう

呼吸が変わるし腰痛にもなりずらい

お尻が後ろに出たままいろんなポーズをやるとヨガの効果どころか体を傷めてしまう可能性もある

腰が反り、腰椎が詰まった状態で開放されないからだ。

家でずっとストレッチをやってきたという方の中にも腰が反っている人がいたりする。

体の中のスペースを意識しそこを押しつぶさないことが大事なのだけれど自分でそれをやるのは難しい。

地味な作業でも体にとって良いことをするのが一番と思う


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


free_027_14.gif








theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

久々にやってみたパールシュワコーナ・アサナ

普段四股立ちやスクワット的なものを主に行っていて立ちポーズに関してはあまり行っていなかった。

普段あまりやっていなかったパールシュワコーナ・アサナを試してみた。

まずしっかり後ろ足を踏むのが難しい。

そしてお尻が後ろに出てお腹の力が抜けてしまっている人も居た。

前足の膝を深く曲げるのが辛そうな人も居る。

立ちポーズは足の強さだけでなくお腹が使え体の中心を意識しないと上手くいかない。

その為に四股立ちなどを行いその問題をクリアする準備はしている。

それでもいざやってみるとボロボロなのはまだその準備が出来ていないとしか言いようがない。

しかし四股立ちを起点にして体を倒していきパールシュワコーナ・アサナに入ると少し足の踏み方が安定しお腹も意識し易いようだった。

道具を使うという方法もあると思うがやはり自分の足でしっかり立ちお腹を使うとはどういうことなのかを学ばなければポーズをやる意味が無くなる。

最近立ちポーズの最中に体を触るとふにゃ~と体が動き中心が無いことが伝わってくることがある。

体が硬くても自分の体をしっかり支えられている人もいる。

やはり中心感覚を養わなければ安定しない。

こんな日は後半しっかりナーバアサナをやる。

生徒さんに聞いてみたところ立ちポーズのバリエーションがもっとあった方がいいという方もいた。

準備をこつこつやることはそれほど楽しくはないだろう。

でもいざやってみると上手くいかない。

普段からバリエーションが少ないからやっていないから上手くいかないのではないと思っている。

道具を使ったり誰かに支えられて出来たとしてそれはあまり成長したことにはならないと思う。

体を使わない生活を続けた結果が今の体だからそれをちゃんと受け止めなくてはならない。

そのことをカバーするのはそう簡単ではないのだ。



にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


free_027_14.gif







theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

英語力今更どうにかなるかな?

最近英語なんとかしたいね!という話題が出る。

日常生活では別に英語が出来なくても何も差支えがない。

でもヨガに関する本を読もうと思う時やワークショップの時に英語が理解できればよりいろんなものを吸収できるかな~と思う。

札幌でのシャドウヨガのワークショップの時はもちろん通訳さんが居るので英語が分からなくても先生の説明が伝わる。

でももし海外のワークショップに参加しようと思ったら英語が理解出来ないといろんな面で厳しいと思う。

海外のワークショップに参加する予定は今のところ無いけれど先生がずっと日本に来てくれるという保証は無い。

知人から英英辞典を読むといいと教えてもらった。

そうか~と思いすぐ本屋さんに行ってみた。

その辞典はずっしりと重くもちろん英語しか書いていない。当たり前だよそれは

でもその重量感と難しそうという先入観に押しつぶされ購入しようという気持にはなれなかった。

いろいろと英語を勉強するための本を見てみたけれどとりあえず家にある子供の辞典や参考書をチェックしてみようと思った。

最も必要に迫られていることはShadow Yogaの本を読むこと。

一日数行でもいいから訳してみようと思う。

ヨガと英語の勉強を同時に出来るのだからこれはどうしてもやるべきと思う


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


li96.gif






theme : ひとりごと。
genre : 日記

ヨガジャーナル Vol 16の 腹筋の真実の中に

昨日生徒さんからヨガジャーナルの記事にシャドウヨガが紹介されてますよ~と教えてもらった。

アナ・フォレストさんが腹筋の真実という記事を書いていてその中に紹介されていた。

一部引用してみる。

「ヨガはエクササイズのシステムではなく、エネルギーに働きかけるためのシステムです。

筋肉強化ではなく、体を通る呼吸や血液、神経エネルギーのめぐりを良くするのが目的です。」

とシャドーヨガの創始者シャンドゥー・リミートは話す。

リミートは、鍛えすぎて硬くなった腹筋は、害をもたらすと考えている。

なぜなら、エネルギーの流れを妨げ、体の生命力を減退させるからだ。


こういったことはナタナガ・ザンダー先生(現在の名前)のワークショップを長年受けてきて私も気をつけている事だ。

この記事の中で リミートがすすめるのはは太陽礼拝のように腹部全体をいろいな方向に動かすことだとある。
 
この文章はシャドウヨガのことを説明するのには物足りない感じがした。
 
シャドウのスリヤナマスカルは回転の要素が入り一般的な太陽礼拝と少し違っている。

足首や股関節により働きかけが強いのが特徴だ。

お腹を強くしなやかにするためにはお腹にだけ働きかければ済むことではなく足も関係している。

足がきちんと働くことでお腹も使えるようになる。

腕で体を支える場合もお腹が強くないと上手くいかないだろう。

でも私達が日常で体を支えるのは足だ。

現代人の生活は頭、目を使うことが多い。

気が上に上がりがちな現代人はやはり足を使ってお腹を強くしなやかにするという方法がベストと思う。

具体的にどうすればいいのか?を知りたければやはりシャドウヨガを体験してみるしかないと思う。

この腹筋の真実はお腹をやみくもに鍛えればいいのではないことを示した点では良い記事と思った。

ただ体をトータルで捉えるとはどういうことなのかについての答えは得られないように感じた。

やはり言葉を聞いてなるほどと思ってもそのメソッドをやらなければ理解することは出来ないのだ。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


free_027_14.gif



theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

難しいポーズをやると

今週はサークルがお休みのところが多く街までヨガを習いに3日間通った。

昨日は後半のアサナで難しいものをやった。

マリイッチャアサナⅠ~Ⅳまで

ハタヨガの真髄の写真を見るとアイアンガー先生はこれらを難なくやっているようだが私にとってはとても難しい。

お尻から腿にかけてが硬くⅠですら上手くいかない。

肩に問題があると手を繋ぐのも難しい。私の場合はⅠの時なんとか繋がるという段階だ。

その前にプラサリータのポーズから体を捻りハムストリングを働かせるという準備も行っていた。

内臓まで刺激が伝わる為にはある域までポーズが完成していなければそれが叶わない。

結局体が硬く余分なもの(脂肪とか悪い水)を抱えているのが駄目なのだ。

春はそういうものを排出し体を絞らなくてはいけないな~

春野菜、発酵食品を食べ動物性のものを押える。

穀類も少なめにして解毒作用が活発になるような条件を整えたい。

内臓が休まり元気になるとむくみが取れ余分な水分が出ていくだろう。

マリイチャアサナを今より少しでも完成度を上げる為にはそういったことにも取り組まなければ始まらない。

普段の仕事に紛れ自分の体の管理が疎かになるのは良くないな~と実感した1週間だった。

私が教わりにいったヨガ教室はこちら → 瑜伽庵 


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


free_027_14.gif





theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

ポジィティブ派?ネガティブ派?

福島原発が心配である。

こんな時東京電力や枝野さんの言葉を信じ何でも悪い方に考えないという人もいるだろう。

現場で命がけで働いている人がいて頑張っているのだからいい方向に行くに違いない。

いろんな数値の発表を見ても今すぐ健康を害する値ではなさそうだ。

物事はポジィティブに考えたほうがいいしといったところだろうか?

一方TVから得られる情報は信じられないという人もいるだろう。

東京電力はTV局の有力スポンサーという噂もある。

ある日前日まで原発のことをどの局も取り上げていたのにぴたりと報道しなくなった日があった。

あれはなんだったのだろう?

いろんなブログや週刊誌、ネットの動画から得られる情報の中にはTVからは得られない悲観的になってしまう情報もある。

ある本では今回のことを予測していたものもある。

これらをただネガティブな考えと簡単には片付けられない。

原発事故が起きたばかりの時津波で非常用電源が壊れるなんて有りえない、原子炉が破損する訳がないと力説した学者もいた。

しかし後から後から心配な情報が入ってくる。

仮に想定外の大きな津波が来たからしょうがないとしてもそのことが起きる可能性があるとして警告していた人がいるのだ。

このことを単純にネガティブな偏った考えと決め付けていいのだろうか?

私はやはりどちら派にも偏らず真実を見極める力が最も大事と思う。

それみたことかと批判だけするのも良くない。

自分の予測が正しかったとしてそれなら今何をしなくてはならないのかを示して欲しい。

想定外と言い続けるだけでなく国と東電はいろんなところに助けを求め最良の方法を選択して欲しい。

大きなダメージを受けたと認めるのは辛い。

でも大事な国土、綺麗な海、信用を失ったことだけは確かだ。

それを回復するためには長い年月がかかる。

そのことを受け止めて着実に歩みを進めるしかない。



にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


free_027_14.gif



theme : 心の持ち方
genre : 心と身体

HP開設しました♪

プロフィール

naya-sya

Author:naya-sya
ヨガ歴は22年。
シャドウヨガを8年程学んできた。
2010年10月よりフリーとなり活動している。
札幌市内でヨガサークルを担当し活動している。

このブログではヨガや日常の中で気付いたことを書いていきます。

こちらのプロフィールも参考に!

お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブックマーク

ヨガマット

アロマ

ヨガ勧めbook

初期仏教

pocorico

   

安心グッズ

熱帯魚

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

clock

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

仏像の本

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。