02
3
7
9
10
12
14
15
16
17
18
20
21
23
24
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かが間違っていた

先日食道がんの手術を終え復帰した桑田佳祐さんがTVで病気についてインタビューされていた。

もし自分ががんになったら?ということは考えることはあったと言っていた。

家族にも同じ病気の方がいたということもあったからと思う。

その中で何かが間違っていたからそうなったという言葉が印象的だった。

もし身内にそういう人が居たら遺伝的なものなのかもと考えても不思議は無い。

自分が間違っていたと考える桑田さん。。。謙虚で素晴らしい

病気には誰もがなりたくないないけれどそんな風に人を謙虚な気持にさせてくれるものならプラスに転じるきっかけにもなり得る。

デビューから途切れることなくヒット曲を出し続け素敵な奥様もいらっしゃる。

私から見て全て上手く行っているように感じていた桑田さんの口から何かが間違っていたという言葉が出るのは似つかわしくないように思う。

でも病気はそんな彼にも落とし穴があることを教える。

今後の彼の作品がどんなものになるのか楽しみだ


ある方と大病をする人は自分のことは二の次でいい人に多いような気がするというような話をした。

何処かで自分を抑えてしまっているのだろうか?

自分は。。。その心配は無いような気がする(笑

でも心の有り様、食事、体の正しい使い方などどれが欠けても健康を損なう可能性はある。

私はヨガを教えている以上体の正しい使い方に関してはもっと慎重に注意深く伝えたい。

また自分自身の体にもそのことを課していきたいな~

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村




Line21







スポンサーサイト

theme : 気になる芸能人
genre : アイドル・芸能

ヨガの資格の意味は?

今世の中にヨガを教えるための資格というのはどれだけあるのだろうか?

○○ライセンス、○○認定など私自身はそういうことに疎くて良く分かっていないのだけれど。

若い女性でヨガの資格が取りたいという人は数多くいるのかも知れない。

今現在の仕事に飽き足らずステップアップしたい、またはヨガが好きだから等いろんな理由があるに違いない。

例えば一定の授業を受け卒業試験に合格したとしてすぐ生徒さんに教えられるだろうか?

だいたい不景気の今生徒さんの確保はできる?

つい最近も大きなスポーツクラブの閉鎖の噂を聞いた。

そこで働いているスタッフ、インストラクターの方達は大変だな~

何より通いなれた生徒さんが路頭に迷うことになる。

信頼する先生とコンタクトが取れ別のところで教わることが出来ればいいけれど。

兎に角いろんな面で厳しい世界と思う。

身近にヨガを熱心に学ぼうとする人がいる。

その人にまずヨガをちゃんとやって今の体から少しでも良い方向に進めるようにしてみては?とアドバイスしてみた。

自分の体の問題がそのままで資格を取る方向に走っても仕方が無いからだ。

そのことをやらないうちに人に教えることは無理だと思う。

体はそう簡単には変わらない。

どうやったら変わるのか?どういう内容が体の為にいいのかを体験せずに人にヨガを勧めたり教えたりは出来ない。

いろんな本を読んで学ぶことは独学でも出来る。

ただただライセンス欲しさに多額のお金をつぎ込むこと私はなのだ。

ヨガを教えることを仕事にした自分のことをどうしてこんな荷の重いことを選択したのかと今でも戸惑う。

自分でいいのかな?という疑問は常に付きまとっている。

想像以上に責任のある仕事なのだ。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村




Line21





theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

生きた情報

最近ヨガに関して生徒さんからの情報が嬉しい。

ヨガに関しての雑誌、本は沢山ある。

そういったものからも情報は得られる。

歳を取るとだんだんそういったものより生の声がより役に立つ情報として入ってくる。

また別分野、スポーツなどを通して得られる情報も貴重だ。

クライミングをしている人だったり野球選手だったり騎手だったり。

ヨガの歴史に関してある雑誌でいろいろと書かれていた。

それぞれがこれこそ本物のヨガと信じ自分が練習しているものを支持してやっているのが現状と思う。

それがガラガラと崩れてしまうような内容の記事だった。

私にとってはそれ程驚くような内容のものではなかったけれど。

そもそも今練習しているものがある人達からはヨガじゃないと評価されてしまったりしているからだ。

そのことはさほど重要ではなくて今のやり方で生徒さんがどうなのか?ということが私にとっては重要なのだ。

始めたばかりの人は体の負担が大きいと訴える場合もある。

でも長く続けそこを乗り越えた人は逆に体調が良くなっているケースも多い。

別のスポーツをやっている人達にはバランスの悪さを知ってもらい足を使うことの意味に気付いてもらう。

そして上半身の力を抜くということが出来るようになったという生の声を聞くことも出来た。

多少のことで息があがらなくなった、内臓のむくみが取れた、ゴルフのスコアが上がったなどなど。

いろんなお話を聞いてきた。

アクロバティックなポーズをする訳でもない。

足をフルに使い呼吸を意識することから始める。

膝が痛い等の場合はそれに合わせたやりかたもある。

最初の普段使っていなかった箇所を使うことで現れる症状を我慢出来れば誰もが続けられる。

筋肉痛であったり体のだるさ、頭痛など。。。そしてその人に合った練習法のバリエーションもいろいろとある。

続くか続かないかはヨガの内容に問題があるのではなくて自分自身にあることに気付いて欲しい。

最初は自分にとって不快な経験だったとしてもその後に訪れるものを待つ余裕を持って頂きたい。

だんだん日差しが明るくなり春めいてきた。

この時期にヨガを始めてみませんか



私の担当サークルはこちらの記事を参考になさってくださいね!!


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村




Line21




theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

騎手の卵達の生活

昨日TVで競馬学校の騎手の卵達の生活を見た。

午前中は実技、午後は一般教養的な授業だった。

炭水化物を抑えた食事で体重の管理、携帯電話は日中は預ける等かなり規律が厳しそうだった。

午前中は一人一人教官からタイムを見ながらマイクで指導されていた。

ヘルメットにスコープを付けて前を走る2頭の馬の間に割り込む瞬間の映像を見たが普通の人なら完全にビビリそうだ

午後の授業も全て騎手という職業に結びつくものだった。

音楽ではエレキギターを弾くのだけれどそれもリズム感を身に付けるものだった。

美術は馬の体を粘土で作る。

ある生徒は足のここの筋肉が意識されていないと打目だしされていた。

より馬のことを知るための授業なのだ。

面白かったのは茶道の授業もあったこと

先生によると自己鍛錬の為に役に立つとのことだった。

お辞儀を綺麗に出来る子は騎手としても成功すると言っていた。

背筋をしゃんとして同じ姿勢で座る、お茶をたてる時の集中力など役に立つ要素は沢山ありそうだ。

美しい身のこなしというのはインナーマッスルがしっかりしてないと出来ないし

昨日私が感心したのは競馬学校の生徒が府中競馬場で本番さながらにレースをした時に見た映像だった。

マッチョと呼ばれる生徒のフォームの美しさと安定感は素晴らしかった

彼は授業が終わってからも片手で腕立てをするなどしてコアトレーニングに励んでいた子だった。

彼が乗る馬はレース前興奮して暴れていた。

しかしレースが始まると一心不乱に走り3位くらいからゴール手前でトップに躍り出た。

何よりマッチョ君の姿勢は群を抜いていた。

スッと伸びた腰や背中、上体が低くお尻が上がっていない、若干前側に重心が乗ってる。

馬が走っている時当然上下動があるはずだがほとんど動いていないように見えた。

膝を軟らかく使って調節しているのだ。

多分馬からすると人が乗っている負担をほとんど感じていないのでは?という感じだった。

追い上げの時しっかりムチは入れられていたけれど。

前のめりになれば普通お尻が上がる。

実際お尻が浮いていたり背中の丸い子もいた。

コアトレーニングをみっちりやっているからこそその位置をキープ出来ているに違いない。

足、股関節、腹、腰、背骨のしなやかさと強さが備わっていないと無理だ。

あの姿勢、シャドウヨガのメソッドにも共通する。

背筋を伸ばし、お尻を上げない、脛を働かせ筋肉は柔らかく保つ。。。

マッチョ君を見てゾクッとしてしまった。

多分そのうち頭角を現すに違いない。

日本の文化でいいものは沢山ある。

そういうものを取り入れつつ優秀な騎手を育成する競馬学校。。。いい番組を見せてもらった



明日(2月14日)手稲区民センターにて無料ヨガ講座を実施します!詳細はこちらの記事を参考になさってください! ヨガとか野球とか

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村




Line21




theme : 日記
genre : 心と身体

木曜のヨガの後土日体が動かない

サークルの新しい生徒さんは木曜のヨガの後翌日は大丈夫なんだけど土日体がだるくて動けないとのことだった。

当日はそれなりに動けるけれどその後が大変ということらしい。

冷え症でお腹を触ると実際冷たかった。

筋肉痛とはまた違うとのことだった。

以前ワークショップの時先生がヨガの後頭が痛くなったという人にコップの中の水をかき混ぜた時沈殿してたものが舞い上がったようなものだから心配無いと言っていたのを思い出した。

普段と違う呼吸の仕方、体の動かし方をすることで体の中の毒が表面に現れて来た時それはあまり心地いい感覚ではないのだろう。

スムーズに排泄されれば良いけれどそれは一気には無理と思う。

普段使わないお腹を刺激する、股関節や脇も使う。

足に関しても念入りにやると沈殿物は舞い上がって体の中を駆け巡ることになる。

毒が溜まりやすい関節も満遍なく回すからそういった箇所からも出てくるだろう。

成分の濃い温泉に浸かるとやたらに体がだるく眠くなることと共通しているようにも思う。

筋肉痛ももしかしたら同時に起こっているのかも知れない。

本人はあまりの体の不調を体験し自信が無くなったそうだ。

でも他の生徒さんでも最初の2回位は体がだるくなって揉み屋さんに行ったくらいだったけど慣れたとフォローしてくれた。

他にもマイペースでやって来たけど体が変わってきたという方も居た。

最初の2回がそういう状態でもいずれ好転するからとしか私は言えなかった。

ヨガは体を鍛えるとかいうことよりやはり体の浄化が主目的なんですよというお話もした。

さて彼女はそういう体験を乗り越えてヨガが続けられるかな~?

ヨガ。。。やはり気長に取り組んでいこうという心の余裕が必要のようだ。



にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


free_027_14.gif







theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

マイナーと言い続けて10年

生徒さんから良くシャドウヨガって聞いたこと無いんですがどんなヨガなんですか?と聞かれることが多かった。

簡単に説明はしてきたけれどPCを持っている方にはshadow yogaのウエブサイトを見て頂き動画をチェックしてもらったりしていた。

後は実際に体を動かす中で経験して頂くしかないと思っている。

マイナーなヨガだから知られてないんですよね~とずっと言い続けてきた。

ところが。。。昨日生徒さんがある雑誌を持ってきた。

その中のダイエットの記事の中にナタナガ・ザンダー先生の名前が出てきた。

しかもヨガの内容についての表現も的確だった。

そして記事を書いたのはその雑誌の編集にも関わっている方だった。

一方その雑誌の米版、最新版の表紙はアメリカ西海岸のシャドウヨガの先生だそうだ。

マイナーと言うことに慣れているのになんだか落ち着かない気持になった。

分かる人には分かるし努力を惜しまない人に伝わればいいという思いがあった。

そしてブレイクするなんてことは無いんだと思っていた。

でも何処かでこんなにいいものをもっと知って欲しいとも思っていたかな

矛盾するようだけどいいものなのになかなか広がりを見せないことを残念に思っていた。

商業ベースには乗らないヨガと思っている。

ある先生がこんないいものを認めないなんてもったいないと言ったことを思い出す。

アメリカ人は新しいもの好きらしいけどやはり良いものを良いと認める文化があると思う。

ブレイクというより良いものを良いと認めてもらえるようになるのならそんな嬉しいことは無いと思う。

例え周りが騒がしくなったとして今まで通りシャドウヨガの良さを伝えていきたいな



私の担当サークルの詳細はこちらを参考になさって下さい


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


line201a.gif



theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

やっぱり人との繋がりが大事!

フリーになってからサークルの生徒さんがお知り合いを連れてきてくれるという事が多い。

それは本当に嬉しいことと思う。

以前夫の水泳サークルの方とヨガを一つの行事として年2回くらい行っていた。

その時は助成金をもらう為の条件に水泳意外の活動が必須だったからという理由だった。

ヨガってどんなものか知っていただくというレベルの内容で行った。

たまたま私の夜のサークルと水泳サークルの活動日が重なっていたのでヨガを改めて教わりに来る方は居なかった。

しかし別の曜日に夜のサークルを始めてから水泳サークルの方が数名来てくれることになった。

またその方達のお知り合いも連れてきてくれている。

有り難いな~と思う。

こんな風にブログやツイッターでも私なりにPRはしている

でもやはり人との繋がりで生徒さんというのは増えていくものなんだとつくずく思う。

実家でもクライマーの方にヨガを教えた。

一旦は打ち切りだけれどまた要望があれば十勝まで通いたいと思う。

を育てるように最初は小さな種を蒔くことから始め後は気長に待ち見守るしかない。

人数の少ないサークルも採算は考えないようにしている。

自分のお勉強と考えれば納得できるからだ。

ヨガも見返りや結果を急いでは何もいいことが無い。

ヨガの良さを伝えたいというシンプルな動機から始まった事がいつか自然に実を結ぶと考えたい。




私の担当サークルの詳細はこちらを参考になさって下さい


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


line201a.gif




theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

小樽雪灯りの路

IMG_0575.jpg
昨日雪灯りの路を見に行ってきた


IMG_0576.jpg
中はガラスで表面は氷のようだった

IMG_0559.jpg
どんぐりさんがかわいい

IMG_0560.jpg
押し花をあしらって乙女チックだな~


IMG_0567.jpg
私にも作れそうかな?でもいい風合いを出している

IMG_0571.jpg
韓国の方のボランティアが作ったオブジェは何故かふくろうがいっぱい

IMG_0561.jpg
うさぎさんもいた

IMG_0584.jpg
幻想的な雰囲気が漂う。

IMG_0578.jpg
見ごたえのある眺め

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村



l6.png











theme : 北海道
genre : 地域情報

えっ!?寒かった?みんなは暖かくていいよねって。。。

昨日先月体験にいらした方が入会してくれた。

その方から体験のあととても寒かったと言われてしまった。

他の生徒さんはここは暖かいからいいよねと言っているのに。。。

強いて言えば最後の方は暖房が切れるのでシャバアサナの時に少し寒くなるかも知れない。

とりあえず壁側に暖房のパネルがあるので側に行って頂いた。

その方は反り腰であることとお腹が弱いことが分かった。

お腹を引くという動作がほとんど出来ない状態だった。

初心者には珍しいことではないのだけれど。

腰が反っていると腰痛があったり冷えがあるという事が多い。

昨日はお腹を使うものや踵を上げてやるスクワット、四股立ち等で体が温まるメニューを多くした。

初心者が混ざった時にはどうしてもこういったメニューになる。

暖房の側でヨガをしっかりやる、シャバアサナの時はジャケットを掛け体を冷やさない。

途中での説明は少なめにしなるべく止めずにやる。。。ここはちょっと守れなかったかな

新しい方にはどうしても説明が必要だし止めずにやる体力も不足している

しかしながらそういったことを考慮してもなるべく体の内側から熱くなる要素のあるメニューを組むとある程度対応できると思う。

ヨガの後寒かったという感想は指導者としても悲しいコメントだ

来週その生徒さんにヨガの後ポカポカしてました?と質問してみたい

あっさりと裏切られる可能性もありだけど




私の担当サークルの詳細はこちらを参考になさって下さい


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


free_027_14.gif




theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

お金の話 -その金額が見合うのか

以前月会費40万円のパーソナルトレーニングの話題について書いた。

その価格に設定してお客様が確保出来るのなら全然OKのお話だ。

ある意味羨ましいお話だ

最近お金の事について考える

支払う側に立てばその金額に見合うものが無ければお金は払いたくないというのが心情と思う。

私がとても払えないと最近感じた場面があった。 
                                                  
会場を借りるにあたってそこの管理の悪さに呆れてしまった

結局場所を変更するという決断をしなくてはならなくなった。

昨日は区民センターの時間貸しを利用した。

直前まで空いている部屋を1時間数百円で借りられるのだ。

ところが暖房が入らない。

事務所に電話する。

午後と夜間の狭間の時間帯は暖房を入れないと最初言われた。

数百円でも使用料は払っている。

やんわりと少し肌寒いんですがと訴えた

担当者に話してみるけれど入れられるか分からないという返事だった。

一応暖房のスイッチを入れておいた。

少しして暖房の入った音がしてきた

そうだよね~ 毎週利用頻度の低い夜間の部屋を利用しているのだ。

それに数百円でも使用料を取ったら使える環境を整えるのは当然の話だ。

ヨガに関してもやはりお金を頂く以上自分の体の調節や、研修に参加する、本を読むといったことは怠れないと思う。

高い会費の設定はそれなりのノウハウがあってのことであれば許される。

私はまだまだこれからお勉強が必要なのでそういうことは出来ない。

しかし少なくとも今の会費を惜しまず支払っていただける内容のものを提供していきたいとは思っている。

一つ言えることは同じ金額でも人によって価値の感じ方は変わるということだ。

同じ90分でも説明をきちんと聞き集中して行った場合は充分その価値を感じられると思う。

以前ワークショップに参加した時先生からせっかく御馳走が沢山並べられているのにそのことに気付かずぼんやり眠そうにしていると言われたことがあった。

その状態は本当にもったいないと思う。

提供する側も受け取る側もその時間、使ったお金を無駄にしたくないものだ


私の担当サークルの詳細はこちらを参考になさって下さい


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村




Line21




theme : 日記
genre : 心と身体

ヨガを始めて3年、ゴルフの飛距離が伸びた!

今日生徒さんと話していてヨガがゴルフにいい影響があると分かるまでに3年掛かったということを聞いた。

しかもその方は途中から週2回に増やしていたからずっと週1回だったらもう少し掛かったかも知れない。

その年数は妥当だと思う。

多分少しずつ体は変わっていてはっきり自覚できたのが3年目だったのかも知れない。

もしヨガをせずにゴルフだけをしていたら途中で腰痛になっていたかも知れないし自分でも気付かない恩恵は受けていたに違いない。

多分呼吸の仕方が身につくまでにも3年は掛かると思う。

一定の長さで荒い息使いをせずに呼吸できるまでには時間が掛かって当然と思う。

お腹を柔らかく使い脇が広がるように呼吸するためには準備が必要だ。

足を強くすることとも関係してくる。

足が弱いと上半身の緊張が取れず呼吸も浅くなってしまう。

そんなことなどをトータルにやっていくと3年という年数は短い方かも知れない。

その方が最近は自分で体を治そうとせず簡単にメスを入れて治してもらおうとする人が増えていると仰っていた。

例えば腰痛や腕にシビレがある等の症状があってもヨガで治ってしまうということが実際にある。

私もそういう経験がある。

3年こつこつやることは長すぎるだろうか?

でも体にメスが入るとその箇所はいいのかも知れないけれど体全体としてのバランスを崩す場合もある。

時間は掛かってももっと着実に体を本来の姿に戻したいという人が増えて欲しいものだ。


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村




Line21






theme : ピラティス・ヨーガ
genre : 心と身体

HP開設しました♪

プロフィール

naya-sya

Author:naya-sya
ヨガ歴は22年。
シャドウヨガを8年程学んできた。
2010年10月よりフリーとなり活動している。
札幌市内でヨガサークルを担当し活動している。

このブログではヨガや日常の中で気付いたことを書いていきます。

こちらのプロフィールも参考に!

お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブックマーク

ヨガマット

アロマ

ヨガ勧めbook

初期仏教

pocorico

   

安心グッズ

熱帯魚

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

clock

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

仏像の本

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。